貸し付けはどうなるの?

ボクは3層ぐらい前に引っ越し、わが家を建てました。
建て売りも良かったのですが、身内が5人類いるのでかなり見合う間取りが無く,只お願いになりました。
も、お願い建築と言っても、資金に余りがあってに関してはないので、最高凝ったことなど出来よう筈も無く、間取りが勝算街路だった以外は高級感などありません。
いよいよ物入れは各自の部屋には付いていますが、1フロアに取る場合は「備品」になります。
「1フロアのバキュームクリーナーやトイレットペーパーやらなんやらはどこに添えると言うのですか?」と団体に聞いても「そうですね」というばっかり。
現金をとるようになっているんですね。
間取りを決めた1級建築士の人物は良くしてくれましたが、どうしても共々進めていた前のわが家の譲渡が熱心ではないので、只600万円の大マイナスが出ました。
それが今のわが家のローンに乗っていらっしゃる。
ローンは旦那が78年代まで組んでいらっしゃる。
去年は急にお年収を下げられたので焦りました。
国が「アベノミクス」と言っている中、大手の組合の中には、いざ働き手のお年収を上げたパーツもあったそうですが、旦那という里公務員は相変わらずお年収もインセンティブも下げられていらっしゃる。
も、到底アベノミクスの中でお年収を10百分比も下げられるは思いませんでした。
うちには依然大学生がいて、学資も愚者になりません。
あんな予想外のことがあり、これからのローンの費消になんとなく懸念が出てきてしまいました。