買って良かった狭小住宅

買って良かった狭小住宅

rainbow

引越し選びの時期が肝心です

67067
どの時期に引越しをするかで、引越し費用が倍以上も違ってくるからです。

業者に払うお金を少しでも節約して、新生活の生活必需品や家電を買うお金に回したいものです。
そんな引越しをお得にするには、引越し業者の繁忙期を避けて引越し時期を設定することが最も重要になってきます。

多くの人が引越しをしようと動くのが3月です。
なぜ3月かと言いますと、4月に新学期、新しく社会人としてスタートする人が多いからです。

その新生活がスタートする前の3月に新しい土地に引越しをして、4月からの新生活をスムーズに行えるように事前に引越しをするのです。
つまり、お得に引越しをしたいと考える人には3月以前か4月以降の引越しがおすすめです。

業者が一段落ついている時期なので、複数社から見積もりをとると、値引き合戦を繰り広げてくれるケースもあります。
少しでも安くて、対応が丁寧な引越し業者を見つけることが大事です。
以上が僕の体験談ですが、詳しくは、下記のサイトに詳細が書いてありますので参考にしてください。
詳細「引っ越し業者への依頼時期は?」

友人の引越しを手伝って引越しの経験を積めました

67068
友達の引っ越しを手伝ったことがあるのですが私の出番はほとんどありませんでした。
最近の引越業者さんは低料金でしっかりとやってくれるのだなと感じましたし、私も引っ越しをする時は安心して引越し業者さんに頼むことが出来るなと感じました。

友人の引越しは上手くいったのでとても喜んでいました。
ちゃんと引越業者さんを選ぶことが出来れば人の助けはあまりいらないのだと思います。

簡単な作業は手伝えましたし引越しの経験が積めたので個人的にも良かったです。
引越しの当日までに荷物をちゃんとまとめておくことが出来れば引越しは楽だと思います。

引越業者さんがどんどん運んでくれますし、プロの方なので丁寧に荷物を運んでくれるので心配をすることもないようです。
私自身は引越しの経験がほぼ無いので友人の引越しを手伝って引越しの経験をすることが出来て良かったです。

新居でも荷解きが簡単に終わりましたし引越しは思っていたより大変ではありませんでした。

家具の配置は引越において非常に重要

家具の配置は引越において非常に重要
引越をこれから始める方は、どうやって引越を完了させるかイメージをしているでしょうか。
スムーズな引っ越しをするためには、このイメージが非常に重要になってきます。
それは特に、引越し先に家具を配置する際に如実に現れることでしょう。
家具をどう配置するのか、これは非常に重要な問題です。
例えば、冷蔵庫などの置く場所が固定されているものはいいとしても、ソファの位置やテレビ、そして何よりもサイズがあっていないといけません。
サイズがあっていないのに配置しようとしてもそれは無駄な努力に終わってしまうので、必ずサイズは確認してから配置を行いましょう。
特に大きな荷物になるほど、この影響は大きくなります。
せっかく高いお金を出して買ったのに置く場所がなかったのでは、笑い話にもなりません。
しっかりと確認をして、置ける場所を測っておきましょう。
ここまですることによって、引越し時のトラブルを防ぐことができるはずです。
一度はサイズなどの確認をしておきましょう。

引越し費用を抑える方法とは?

引越し費用を抑える方法とは?
私が引越しをする時には必ず料金の交渉を行っています。
正確に言うと私ではなく夫になるのですが、引越し業者は交渉次第で金額が下がることがあるのです。
夫は数社から必ず見積もりを取るようにし、それぞれの金額やサービスなどを比較して交渉できそうな会社を数社選んでいます。
私はめんどくさがりなので、夫のように沢山の引越し業者に見積もりのために来てもらうと言うことができないです。
そのため早く決めてくれればいいのに、と思ってしまうのですが交渉によって最初に考えていた金額よりもかなり安くなって驚いてしまいました。
しかしただ安くなるわけではなく、こちら側もある程度妥協しなければいけなくなります。
例えば梱包は全部自分で行う、ダンボールも自分で用意する、また平日に引越しをするなどの条件を飲むとかなり金額を下げる事が出来るのです。
手間ではありますが、引越しにお金をかけたくないと言う人は自分で出来ることはやってしまうのがおすすめです。

引越し後に忘れずに済ませておくこととは?

引越し後に忘れずに済ませておくこととは?
引越しは大仕事ですので、引越しをして荷解きまで終えてしまったら、今度は色々な手続き事が大量に発生します。
まず、一番最初に済ませておきたいのが「転出届け」と「転入届け」です。
一応14日以内に手続きを完了させるようになっていますが、手続きが出来なかった理由次第では、裁判所から過料を請求される事もありますので注意しましょう。
上記と同時に出しておくべき届出は「国民健康保険」「国民年金」の手続きです。
市町村の保険福祉科で申請を取り扱っていますので、前の住所の役所で転出証明書や印鑑を提出、国民年金は、年金手帳と印鑑を窓口に持参し、14日以内に届けを提出します。
案外忘れがちなのは、銀行口座の住所変更と運転免許証の住所変更です。
これは期限は特にありませんが、銀行の場合にはきちんと住所変更をしておかないと、そのまま忘れていて病気になった場合、住所が違うと保険が降りない場合がありますので、忘れないうちに住所変更をするようにオススメします。

引越しを安く済ませるコツ

引越しを安く済ませるコツ
引越しには、大きなお金が掛かってしまうこともあります。
引越しの料金を出来るだけ抑えるようにすることで、生活を楽にすることが出来るようになります。
引越しの料金を抑える方法は、色々な方法があります。
まずは、自分で引越しをするということです。
自分で引越しをすることで、引越し業者に依頼することがありませんので、大きく料金を下げることが出来ます。
自分で行なうときは、トラックがなければレンタルする必要もありますし、当然ですが荷物の積み下ろしは自分たちで行う必要があります。
引越しを業者を使って安く済ませるためには、見積もりの段階で安くすることが重要です。
引越しをするときは、必ず見積もりを出してもらうことになります。
見積りの価格は、引越し業者によって大きく変わる場合がありますので、多くの業者に見積もりを出してもらうことが重要です。
見積もりを出してもらう際は、相見積もりをすることでさらに安くすることが出来るときもあります。

引越しは不要なものを捨てるチャンス

引越しは不要なものを捨てるチャンス
私は過去に6回ほど引越しをしたことがありますが、引越しをするたびにいつも思う事があります。
長く生活をしていると何かと物が増えてしまうのですが、いつか使うかもしれないとつい物を取っておいてしまいます。
しかしいざ引越しになるとそれらの取っておいた不要なものがとても邪魔になって、引越し先に持って行ったとしてもダンボールから出さずにそのまま押入れ行きになってしまうのです。
そのため引越しの時はいらない物を捨てる絶好のチャンスだと思うのです。
それまで捨てられずに取っておいてしまった、好きだったけど流行遅れになった服や、包装紙やブランドものの紙袋など使わないものは思い切って捨ててしまいましょう。
またリサイクルできる服や本などはリサイクルショップに売って現金にかえるという方法もあります。
物を捨てられないタイプの人はついつい取っておきたくなってしまうものですが、思い切って捨てるととてもすっきりした気分になりますし、また引越しの梱包や片付けもとても楽になります。